森のお花屋さん
  • Author:森のお花屋さん
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
フラワーギフト 森のお花屋さん
お誕生日・クリスマス・結婚記念日に素敵なお花のプレゼントはいかが?
フリーエリア


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ベランダやお庭でリラックス♪

鉢花の育て方 春・夏・秋・冬のショッピング

お世話になった方、大切な方へのご挨拶。
感謝の気持ちをお花に添えて・・・







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


大切な人へ心をこめて!あなたのセンスが光る!
鉢花の育て方 春・夏・秋・冬のショッピング ベランダやお庭でリラックス♪ 胡蝶蘭専門店オーキッドスタイル
flower_003

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の育て方 ワンポイント豆知識【シンビジュームの蕾が落ちる】
『価格.com』でネット証券・総合証券のオンライントレード徹底比較!



姉妹サイトにご質問を頂きましたのでご紹介します。

シンビジュームを育てていますが毎年花が咲く前に蕾がポロポロ落ちてしまいます。どうすればいいのかおしえていただけませんか?




以下のとおりお答えしました。


シンビジュームの蕾 (管理人)

始めまして、鉢花の育て方 春・夏・秋・冬の管理人です。
ブログをご覧頂きまして有難うございます。
さっそくですが、シンビジュームの蕾が花が咲く前に落ちてしまう原因として3つ考えられます。

1つ目は日中の温度の上がりすぎです。
温室やフレーム内は、冬でも快晴になると温度が上がり、ところによっては30℃にもなることがあります。
室内の居間や出窓の日当りが良いところでも、2月下旬位から陽射しが強くなり、日照時間も延びて温度がかなり上昇します。
こうした日中の高温が1週間から10日ほど続くと、急に蕾が黄ばみだしてやがてポロリと落ちだしてしまいます。
この状態の対処方法は、窓を少し開けたりして通風をはかり、日中の温度を25℃位まで下げるようにします。

2つ目は夜間の温度です。
夜間の温度が20℃以上にし、これが1週間以上続くとやはり蕾は黄ばみだしてやがてポロポロと落ちていきます。
2つ目の対処方法は、夜間の温度を12℃程度にしておくことです。

3つ目は水不足や湿度不足が考えられます。
室内の居間や暖房中の部屋は、温度が20℃位になるためシンビジュームの蕾はぐんぐん伸びだします。
しかし、暖房で部屋が乾き、株は水不足や湿度不足になりやすく、その結果蕾が落ちたり、花が咲いても小さいといった状態になります。
対処法は、株の状態を良く観察し、乾きすぎないように注意することです。
スプレーなどで葉水を与えることも有効です。

最後に、シンビジュームの蕾は、一部分が黄色くなるともうその蕾はだめになり、水を与えても湿度を上げても黄ばみは進み、やがて落ちてしまいます。
気がつくのが早ければ、ほかの緑色で艶のある蕾は助かりますので蕾が見えてきたら良く観察し、早めに環境を変えるようにします。

今年はきれいに咲くと良いですね!

sinbi01


IMAGE

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。